プラチナバンド

プラチナバンド

LTEは使用する周波数帯によって繋がりやすさに違いが出てきます。
ドコモは800MHz、1.5GH、2GHの3種類、auも800MHz、1,5GHz、2GHz、ソフトバンクは1,7GH、2GHzの2種類になっています。
LTEの周波数帯で800MHz(700MHz〜900MHz)をプラチナバンドといいます。
プラチナバンドはテレビ局が地上アナログ放送で使っていましたが地上デジタル放送に移行したため空きが出ました。それを総務省が各通信会社に割り当てたのです。
プラチナバンドは劣化が少なく高い建物、山など障害物を回り込んでいくので繋がりやすいのが特徴です。窓から遠い室内でも、エレベーターの中でも、新幹線でもつながります。対象端末に限り電波がよくなるのでLTE対応でない端末には変化はありません。
2014年からソフトバンクもプラチナバンドを利用する予定です。
2015年からイーモバイルも利用する予定です。
プラチナバンドを利用する際は特別な設定は必要ありません。